漢方など東洋医学をもとにした美容医療

メニュー

バストアップデザイン

※当院の事情により申し訳ございませんが、現在豊胸術は、行っておりません。申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

昔から様々な豊胸術が有りましたが、日帰りで簡単に施術でき、通常5年前後持続し、触り心地も形もとても自然なアクアリフト(アクティブゲル)が満を持して開発され2016年より日本でも開始、当院でも導入しました!

こんな方におすすめ
  • 自然な形と触り心地の良い豊胸がしたいが長持ちもしてほしい。
  • レントゲン検査などでバレたくない。
  • 体に害の無い成分で豊胸がしたい。
  • 全身麻酔などしなければならない大掛かりな手術は嫌だ。

当院のこだわり

[ 医師のワンポイントアドバイス ] ドクターズボイス

バストはただ大きければ良いのでは無く、綺麗な形(美乳)である方がずっと大切です。アクアリフトはどこにでも挿入可能で自在に形を造れますので、医師のデザインセンスで美乳か否かが左右されます。だからかつて美大や漫画家を目指した荒浪院長にお任せください!

今までの主な豊胸術

〇脂肪注入法
美容外科の教科書(美容外科プラクティス)には他部位から採取した脂肪は血管も切れているため栄養状態が悪く「生着率が低い(30~50%)ため、それでもこの方法でという人にだけ実行すべき。」と書いてあり、異物を体内に入れる事に抵抗があり、仕上がりは悪くてもやりたいと納得する方のみに行う施術です。硬いシコリになってしまう事も少なくありません。

〇シリコンバック挿入法
全身麻酔下にワキを切開して大胸筋下に空洞を作りバックを挿入します。永久的に持続しますが、左右同じ場所に均等に入らないと見た目が悪くなります。大掛かりで体に負担が強い手術のため当院では行いません。

〇ヒアルロン酸注入法
簡単に局所麻酔下でできて今までは主流でしたが、持続期間が1~2年程度と短いため、アクアリフトに移行され、現在は行われておりません。

新しい豊胸術

最新アクアリフト(アクティブゲル)注入法
2016年より日本にも導入された新しい豊胸術です。簡単に局所麻酔で施術でき、5年前後と持続期間が長く、触り心地も形も自然で修正も簡単なため瞬く間に主流になりました。年齢とともに乳房はシリコンバックの重量で垂れますから、自然な乳房の形で歳を取りたい方はこちらでメインテナンスするのが良いと思います。

○100cc 38万円(税抜)
(麻酔代、術中点滴代、術後抗生物質代、鎮痛剤代を全て含む)
特別キャンペーン 2017年10月末までに施術に限り
100cc 20万円(税抜)
(麻酔代など諸費用は別途2万円)

施術の流れ

1.アクアリフト(アクティブゲル)の注入箇所と乳房のどこに入れるか等デザイン。
2.注入箇所を麻酔し、1cm程度切開しその部位から更に長い針を使い乳房全体を麻酔。
3.切開部位からアクアリフトを注入していきます。
4.乳房の形を確認しながら注入していき終了したら切開部位を縫合して終了です。

アフターケア

○普段の仕事等、日常生活は手術翌日より可能です。
○手術後4週間は少しタイトな下着を着用します。
○手術後シャワーやお風呂は3日、喫煙、飲酒も3日、サウナは1週間、激しい運動は4週間避けます。
○3日くらいは痛いです。痛み止めをお出しします。

手術ができない方
○妊婦、授乳中、出産後9ヶ月未満の方
○血液疾患、月経異常のある方
○その他重篤な疾患のある方

よくある質問と回答

  • Q.どんな成分が使用されていますか?安全性は大丈夫?
  • A.成分はコンタクトレンズにも使用される、ポリアクリルアミドという安全性の高いものです。徐々に分解され尿となって体外に排出されます。
  • Q.どのくらい効果がありますか?
  • A.持続期間は5年前後と言われていますが個人差はございます。
  • Q.レントゲンや検診でばれませんか?
  • A.乳腺の下に注入するため乳癌検診で支障は無く、レントゲンにも写りません。
  • Q.痛みはありますか?
  • A.手術中の痛みは通常局所麻酔注射をする時の痛みのみで当日に歩いて帰れます。
  • Q.どのくらい大きくなりますか?
  • A.片側100ccの注入で大体1.5カップ豊胸します。
to topto top