診療内容

漢方皮膚科

アトピー・白斑

アトピー・白斑

ニキビ治療

ニキビ治療

私が漢方薬を使う理由
私は皮膚病のみでなく、美容、発毛にも漢方薬を用います。皮膚病のみならず、シミ、シワ、肌老化、抜け毛はストレスや睡眠不足などによる自律神経のアンバランス、それによる血流障害が引き起こすと考えていますが、例えばストレスが深く関与すると思われる円形脱毛症の治療には特に自律神経を整える漢方薬が効果を発揮します。漢方薬は漢方医学に精通している医師が、的確な漢方を処方出来れば、本当に神業的な効果を発揮します。私はまだまだ未熟者ですが、時々どこの大学病院に何年も通っても駄目だった疾患が、1カ月程度の漢方薬内服で嘘の様に治ってしまい、患者さんから感謝感激される事が有ります。でも薬効のある植物等(生薬)が吟味され適切に配合され、3000年を経ても淘汰されず残ってきた薬とは言え、何で植物を組み合わせた薬がこんなに効くのだろうと疑問でした。ところが最近その理由が自分なりにわかって来た気がします。それが「腸内細菌-脳-腸相関」理論です。
薄毛・肌老化・アトピー
ニキビ、毛穴に効く!
世界初漢方生薬馬プラセンタ同時配合シャンプー・化粧品・石鹸を開発!! 化粧品は原価千円でも定価1万円になるとよく聞きますが、高原価の漢方生薬に馬プラセンタ、ハーブを贅沢に配合し、シワ、シミ、毛穴、肌荒れ、ニキビに効く美肌化粧品を開発しました。大手メーカーの化粧品製造元には、漢方生薬配合故に、史上最高原価と言われています!
脳と腸内細菌は深く関係している
マウスの実験
マウスから腸内細菌を除くと、不安から来る多動行動が多くなり、攻撃的になるが、ビフィズス菌を与えると落ち着く。腸内細菌が食物繊維から作る酪酸をマウスに投与すると、脳内が活性化する。
脳内環境整備の役割を果たす「ミクログリア」が未熟な無菌マウスに、腸内細菌を移植したら成熟化したなど、実験でも腸内細菌が深く脳機能に関与している事が解明されています。
腸内細菌と精神疾患は深く関係
うつ病患者の腸内細菌には悪玉菌のバクテロイデス目が多く、善玉菌であるラクノスピラ科が少ない(2014年Naseribafroueiらの報告)、大うつ病患者の腸内細菌では、悪玉菌のエンテロバクターやアリスティペスが増加、善玉菌のフィーカリバクテリウムが減少(2015年Jiang)などの報告、また功刀 浩(くぬぎ ひろし)先生の研究では、うつ病患者はビフィズス菌は有意に少なく、ラクトバチルスも低下している事より、うつ病患者は腸内フローラに占める善玉菌が少ない人が多い事を示しました。
功刀先生はうつ病に腸内細菌が関わるメカニズムを腸の透過性亢進と考えています。また、
免疫力70%が担っている事が分かっていますので腸内善玉菌を増やす事で予防が可能と考えます。
ストレスや不安感で便秘、下痢、腹痛が生じるのは脳の影響が腸に及んだと考えられるわけですが、最近は腸の影響が脳に及ぶ、特に腸内細菌脳の健康深く関与する事がわかってきています。
無菌マウスでは腸の透過性(腸管壁に隙間ができる)、更には血液から脳への透過性も亢進してしまい、様々な毒素が腸から血液へ、更に脳へと波及している可能性があり、腸内フローラ(細菌の集団)を移植すると透過性が回復するそうです。従ってうつ病等の精神疾患を治すためには善玉菌を増やす食事も重要になるそうです。健康長寿には脳を健康にする腸内善玉菌が非常に大切なのです。
腸内善玉菌を増やす最良策
善玉菌は食物繊維を栄養源にしますから、食事では良質の食物繊維を摂る事が重要です。
現代人がストレスに弱いのも野菜不足による脳の不健康が一因でしょう。漢方薬はまさに食物繊維です。しかも普段食べる野菜とは月とすっぽんの良質繊維です。
実は腸内細菌が脚光を浴びる前から漢方薬により、善玉菌が増え、悪玉菌が減るという研究結果は有りました。その当時は、まだ腸内細菌がこれ程脳に影響を与えるとは誰も知らなかったので自分自身気にも止め無かったのですが、皮膚病改善、美肌、発毛効果を発揮するのは、漢方薬が善玉菌を増やし、に好影響を与え、自律神経が安定し、体内血流も良くなるというメカニズムなのだなと思っています。体が健全なら、体内の不具合のサインの1つである皮膚病抜け毛は改善するし、老化も遅らせ、シミ、シワも出来にくくなるのです。
更に院長は腸内善玉菌を激的に増やす漢方サプリ「漢流美人」を開発しました。
悪玉菌が多いと下痢便秘になりますが、飲んでいると快便になるのが腸内善玉菌が増えた証拠です。1日分123円なのでRIヨーグルトよりお得で効果的です!広告で素晴らしい効果を謳っていても何の効果も実感できない高額なサプリは沢山ありますが、お金をどぶに捨てないでください!!本物は何らかの効果を実感できます!!
 
 
 
腸内フローラ改善サプリ
腸内細菌の影響が肌はもちろん脳にまで及ぶことが解明されています。院長が開発した漢方サプリ「漢流美人」は腸内善玉菌を劇的に増やし、美肌のみならず、ダイエット効果、糖尿病改善、うつ病改善、免疫力増強による癌予防(免疫力の70%は腸が担っているため)効果等が期待できます。
腸内善玉菌が多いと便秘や下痢になりますが、本物は何らかの効果を実感するはずです。このサプリで腸内善玉菌が増えるとバナナ状ウンチがしっかり出るようになります。広告が凄くても効果の実感がないサプリはお金をドブに捨てると同じです!

あらなみクリニックオンラインショップから購入できます。
30日分 3,704円
「漢流美人」
 
あらなみクリニック
千葉県船橋市本中山3-22-1
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
一般皮膚科 / 皮膚科(漢方)  / 美容皮膚科
静岡県島田市中溝町1294-1